可愛らしい丸太小屋、ナムタイジャロッジ!

JUGEMテーマ:カナディアンロッキー

ボウレイク湖畔に建つ、赤い屋根の印象的なナムタイジャロッジ

丸太を組み合わせた手作りの建物はともて可愛らしく、また雰囲気も抜群。

意外と知られていないナムタイジャロッジの紹介をします。

/img.blog.banff-tabi.com/20100812_1417121.jpg

こちらが外観。ベンチでボウ湖を眺めながら、ゆったり過ごせます。

100年以上前に作られたのに、しっかりとした作りですね。

/img.blog.banff-tabi.com/20100812_1417122.jpg
エントランスの様子。「NUM-TI-JAH LODGE」と書いてあります。

/img.blog.banff-tabi.com/20100812_1417123.jpg
お土産屋さんには古い暖炉があります。

/img.blog.banff-tabi.com/20100812_1417124.jpg
クマの剥製。

/img.blog.banff-tabi.com/20100812_1417125.jpg
時代を感じる看板です。

/img.blog.banff-tabi.com/20100812_1417126.jpg
ずらりと並ぶお土産物。

先住民関連のものが多くありますが、ここにしかない独特の商品もあります。

/img.blog.banff-tabi.com/20100812_1417135.jpg
本物のキツネやタヌキの毛皮も。

/img.blog.banff-tabi.com/20100812_1417136.jpg
ホテルの受付にて。

/img.blog.banff-tabi.com/20100812_1417137.jpg
イタチの剥製がありました。

ナムタイジャとは先住民の言葉で貂(てん)のことです。

/img.blog.banff-tabi.com/20100812_1417138.jpg
このロッジを作ったジミー・シンプソンとその家族。

/img.blog.banff-tabi.com/20100812_1417139.jpg
若き日のジミー・シンプソン。

腕のいいハンターだった彼は、そのすばしっこさから「ナムタイジャ(貂)」と呼ばれていたそうです。

広々としたボウ湖のそばで一日をゆったり過ごすのも

カナディアンロッキーならではの贅沢でしょう。

ボウ湖を訪れるツアーはレイクルイーズとコロンビア大氷原観光です。

コメント


認証コード1682

コメントは管理者の承認後に表示されます。