キャンモアのマイナーズ・デイ!

JUGEMテーマ:カナディアンロッキー
バンフ国立公園手前の町キャンモアは

カナダ人に人気のリゾート地として知られていますが

かつては炭鉱の町として賑わいを見せていました。

カルガリー周辺で石油が発掘されて以来、石炭の需要もなくなり

とっくに炭鉱は閉鎖されてしまいましたが、炭鉱夫はこの町の礎を築いたキャンモアのシンボル。

現在は年1回、カナダデーの翌週にマイナーズ・パレードが行われています。

/img.blog.banff-tabi.com/20100713_1379216.jpg
パレード恒例の楽隊が先頭をきります。

/img.blog.banff-tabi.com/20100713_1379224.jpg
こんな古めかしい車もひっぱりだしてパレードに加わります。

/img.blog.banff-tabi.com/20100713_1379217.jpg
なぜかポニー??

/img.blog.banff-tabi.com/20100713_1379218.jpg
顔が真っ黒の炭鉱夫が堂々と歩いていました。

/img.blog.banff-tabi.com/20100713_1379229.jpg
黒すぎてよく分かりません?

/img.blog.banff-tabi.com/20100713_1379222.jpg
自分の家の炭鉱夫の名前を看板に掲げて更新します。

我が家のおじいちゃんを誇りに思っているんでしょうね。

/img.blog.banff-tabi.com/20100713_1379221.jpg
最後はこんな炭鉱をトラックに乗せて、ゆっくりと通りすぎていきました。

カナダ・デイのパレードに比べるとこじんまりとしていますが

キャンモアならではの、ほのぼのとしたお祭りでした。

コメント


認証コード4843

コメントは管理者の承認後に表示されます。